戻るホームへ戻るセミナー
 

標準時間の基本とその諸問題をマスターする!!

IoT時代の生産技術者のための標準時間研究の基礎知識


   

IoT時代でも,製造工程における標準時間についての基本知識をマスターすることは,生産技術者必須の条件です。

講師: 畑 明
技術士畑事務所 所長
技術士 機械部門,中小企業診断士
日時: 2020年2月5日(水) 10:00〜17:00
1日集中講座
受講料: 43,000円(消費税込)
(テキストおよび昼食を含みます。)
会場: 新技術開発センター研修室
東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F
TEL 03(5276)9033
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩2分
地下鉄有楽町線 麹町駅徒歩5分
(受講券に地図を添付いたします)
会場地図

※録音・録画はご遠慮下さい。


受講申込 このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
セミナーのお申込は買い物カゴには入らず直接お申込入力となります。

●受講のおすすめ

生産技術者として,活躍されている皆さん!製造現場にたって,あなたの現場を,見回ったとき,そのよって立つ,評価はなにに,よっていますか。
専門家として現場を観察するに,単に感覚的に見るのでは,完全とは言えません。数値的に把握すべきでしょう。生産技術者として,この方面の知識を備えることは必須です。
このIoTの時代にも標準時間の重要性は変わりません。
今回の講座では,この点に力点をおき,学習していただきます。
若手生産技術者の方々はご受講下さい。


●セミナープログラム

●IoT時代に標準時間を学ぶ意味
1.科学的管理と標準時間(ST)
1)科学的管理の重要性
2)管理の原単位としてのSTのありかたと,その定義
2.STをとりまく諸問題
1)情報化時代の課題
2)設定からフォローアップまでの問題
3)ST理論の学習
3.工数低減の意義
4.管理ロス時間とは
5.将来指向を決める原単位としてのST
6.作業測定手順の選択
1)手順
2)選択の規準
7.ストップウオッチ法
1)種類
2)測定用紙
3)要素分割
4)注意事項
8.VTR分析
1)他の手法との比較
2)VTRの機能
3)適用例
9.ワークサンプリング
1)理論
2)特徴
3)適用範囲
4)実施手順
10.PTS法の必要性
11.PTS法の意義と発展
1)意義
2)発展
12.PTS法の特色
1)長所と短所
2)導入上の注意
13.WF(ワークファクター)
1)概要
2)標準要素
3)分析要領
14.MTM
1)概要
2)基本動作
3)分析例
15.作業改善へのWFの活用
1)着眼点
2)分析例
16.標準資料
17.標準時間と諸係数
18.レイチング
19.余裕係数
20.機械係数
21.習熟曲線
◎ 質疑応答

戻るホームへ戻るセミナー