戻るホームへ戻るセミナー
 

「静電気の見える化」「発生した電位差を即下げる」ことにフォーカス

化学工場の静電気事故防止対策


   

独自の静電気事故防止対策で事故の未然防止をはかり,実務上の重要管理ポイントを解説指導。

講師: 鈴木 孝
一代技術士事務所 代表
技術士・化学部門
日時: 2019年11月7日(木) 10:00〜17:00
1日集中講座
受講料: 43,000円(消費税込)
(テキストおよび昼食を含みます。)
会場: 新技術開発センター研修室
東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F
TEL 03(5276)9033
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩2分
地下鉄有楽町線 麹町駅徒歩5分
(受講券に地図を添付いたします)
会場地図

※録音・録画はご遠慮下さい。


受講申込 このボタンをクリックするとすぐにお申込ができます。
セミナーのお申込は買い物カゴには入らず直接お申込入力となります。

●受講のおすすめ

化学工場の事故の大半は静電気爆発・静電気着火によるものです。各社静電気事故防止細則を定め,対策を行っているのにもかかわらず毎年同様の事故が発生しています。
静電気は目に見えない,匂いがしないなど五感で検知ができないため,間違った対策をしさらに再発を繰り返すというシナリオが予想されます。
どんなにCSR活動に力を入れても,現代のネット社会では一つの静電気事故が風評をあおり,その社会的影響は計り知れないものがあります。
さらに,各社対応は場当たり的に行われていることが多く,如何に改善するのかについても一般化できず,対応が遅れ,従業員との関係悪化,生産性の悪化など,様々なトラブルが常態化してしまうこともあります。
本講座では「静電気の見える化」,「発生した電位差を即下げる」ことにフォーカスした独自の静電気事故防止対策を紹介します。
また本講座では,いくつかの事故事例の紹介から始まり,ハード対策を解説することで,事故の未然防止など,実務上の重要管理ポイントを網羅的・具体的に解説しますので,実務ですぐに使える知識を手に入れることができます。静電気事故対策でお困りの方に大変おすすめです。

期待される効果
  • 静電気事故防止法を学ぶことができる
  • いくつかの事例をもとに問題解決ができるようになる
  • 事故原因を解明のための工学的手法が活用できるようになる
  • 社内で事故が確実に減る
主な対象者
  • 化成品製造に関わる技術者,技術チームリーダー,工場長
  • 工場の労働安全担当者
  • 化学設備メーカー(遠心分離機メーカー)

●セミナープログラム

1.静電気事故事例
1)化学装置で起きた静電気事故
2)廃液タンクで起きた静電気事故
3)非定常状態で起きた静電気事故
4)遠心分離機で起きた静電気事故
2.静電気の基礎知識
1)静電気発生のメカニズム
2)不誘導体からの火花放電
3)静電気事故発生のメカニズム
4)電位差のコントロール
3.静電気対策要領
1)基本的な静電気対策
2)静電気の見える化
3)発生した電位差を下げる
4)酸素濃度のコントロール
4.具体的な静電気事故防止対策
1)危険箇所の洗い出し
2)再発防止対策
3)最終判断はあなたです
4)静電気事故防止のためのリスクコミュニケーション
◎ 質疑応答

戻るホームへ戻るセミナー